優先劣後構造、位置づけ

私たちも皆様と一緒に、
対象不動産に一定額を投資します

もし不動産が値下がりしたら、その一定額の範囲内で値下がりを私たちが引き受けます。
つまり、皆様と一緒に成長する事業でありたいと考えています。

優先劣後構造
こうした仕組みを、専門的には優先劣後構造といいます。

A funding は、東京都庁から不動産特定共同事業の許可を得ています。

また、A fundingは金融商品の販売等に関する法律第2条1項7号に規定される金融商品であり、同法の規定に従って勧誘・説明・販売されます。

金融商品の中での位置付け
金融商品の中での位置付け
J-REITは証券市場で売買されるため常に価格が変動しますが、
不動産特定共同事業にはそのような売買による価格変化はありません。
あくまで案件の損益により決まります。
ミドルリスク、ミドルリターンの商品と言えます。